愛知県弁護士会所属 弁護士 服部一将 かにえ法律事務所

お電話でのお問い合わせはこちら。0567-55-8791

メールフォームでのお問い合わせ

トップページ » 弁護士ブログ
弁護士ブログ

2015年3月

3月 27 2015

最近の状況

 また,ブログの間隔が空いてしまいましたね。

 

 なかなか書き続けるって難しいです。

 

 最近は,以前に引き続いて交通事故のご相談・ご依頼をいただいているのに加えて,債務整理(任意整理や破産)のご相談・ご依頼を多くいただいております。

 

 蟹江町や周辺自治体にお住まいの方は,借金問題をどうしたらよいか分からずにそのままにしてしまっている方が多いように思います。

 

 借金の問題は必ず解決できますので,ぜひお早めにご相談ください。


1コメント

3月 06 2015

弁護士費用特約でカバーされる範囲(弁護士費用特約の被保険者)

 弁護士費用特約では,どの範囲の自動車事故までカバーできるのでしょうか?

 

 

 保険会社によっても異なりますが,概ね次の範囲の方(被保険者)の事故についてはカバーされているようです。
 

 

 ① 記名被保険者(保険証券に書かれています)
 

 

 ② 記名被保険者の配偶者(内縁を含む)
 

 

 ③ 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族(子,両親,祖父母,きょうだいなど)
 

 

 ④ 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚(これまでに婚姻歴のないことを意味する)の子
 

 

 ⑤ 上記①~④以外の方で,契約の自動車に乗車していた人
 

 

 ⑥ 上記①~④以外の方で,契約の自動車の所有者

 

 

 以上①~④の方については,契約の自動車はもちろん,それ以外の自動車に乗車中の事故についても適用があり,歩行中や自転車に乗車中の事故についても適用があります。
 

 

 どうでしょう?
 

 

 なかなか広いなという印象ではないでしょうか?
 

 

 「同居の親族」と「別居の未婚(これまでに婚姻歴のないことを意味する)の子」は含むということなので,たとえば,一度結婚したけれども離婚して実家に戻ってきた娘さんは含むけれども,離婚して実家とは別にアパート暮らしをしている娘さんは含まない,ということですね。
 

 

 また,法人が記名被保険者となっている場合には,「家族」というものが観念できませんから,物損のほか,契約対象の自動車に乗車していた人のけが等について適用されるということになります。

 

 

 ただし,自動車保険の約款は今後変わる可能性もありますし,会社によっても異なるでしょうから,まずは保険証券,パンフレットや約款をよく確認することが大切です。


0コメント

3月 04 2015

三船美佳さん×高橋ジョージさんの離婚訴訟

 三船美佳さんと高橋ジョージさんの離婚訴訟の第1回口頭弁論期日が昨日開かれたようです。

 

 そのことを伝えるネットニュースの記事に,「原告の三船さんは仕事のため出廷しなかったが,被告の高橋さんは出廷した」というものがありました。

 

 う~ん,離婚調停は代理人弁護士だけでなく当事者ご本人も出席するのが原則なのですが,離婚訴訟は,通常,代理人弁護士だけが出席します。

 

 何回か期日を重ねて,和解の可能性が出てきたり,争点が煮詰まってきたりした際にご本人が出廷することはあるのですが,第1回は,ほとんどの場合,弁護士だけです。

 

 弁護士を依頼していない方は別ですが,離婚訴訟の第1回期日にご本人が出席されている例を私は一度も見たことはありません。

 

 私自身も,依頼者の方に「来る必要はないですよ」と言っています。

 

 どうしてかと言うと,第1回期日というのは,次回までにどちらがどういう準備をするか,どういう書面・証拠を提出するか,第2回期日をいつ開くかを決めるだけで,10分とかからないことがほとんどであり,2~3分で終わることもよくあるからです。

 

 

 わざわざご本人が出廷してもあんまり意味がないんですね。

 

 だから,三船さんは「仕事のため出廷しなかった」のではなくて,「代理人弁護士に任せて出廷しなかった」のだと思います。

 

 逆に,わざわざ出廷した高橋さんは,相当こだわりがあるんだろうなあと思います。

 

 

 


0コメント

このページの先頭へ