愛知県弁護士会所属 弁護士 服部一将 かにえ法律事務所

お電話でのお問い合わせはこちら。0567-55-8791

メールフォームでのお問い合わせ

トップページ » 弁護士ブログ
弁護士ブログ

2013年11月

11月 28 2013

江ノ電→建長寺

 鎌倉大仏を見たあとは江ノ電こと江ノ島電鉄にのって鎌倉駅に行き,そこからはJRに乗って北鎌倉駅に行きました。

 

 北鎌倉駅では既に大変な混雑でしたが,人波にしたがって20分ほど歩くと建長寺に着きました。

 

 

 右の写真は三門です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奥に進んでいくと庭園があり,この辺りで引き返す人も多いのですが,私はさらに登って半僧坊というところまで行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中には達磨像やらカエルの置物やらがあり,半僧坊まで登っていきます。

 


0コメント

11月 26 2013

鎌倉大仏

 

 昨日は風が強くて寒かったですね。

 

 23日,24日と鎌倉に行ってきました。何回かに分けてブログ記事にしようと思います。

 

 まずは,鎌倉大仏!

 

 かつては建物内に大仏が入っていたらしいです。

 

 人がいっぱい写っていますが,これでも鎌倉では少ない方かと思います。どこに行っても人が多い。

 

 関東の人の多さをなめてはいけませんね。

 

 大仏の胎内巡りも20円の別料金でできました。2枚目の写真はわけわかんない感じですが,大仏の胎内です。

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

11月 25 2013

多治見

 所用で22日に多治見市に行ってきました。

 

 駅の改修が終わって立派な建物になってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や至る所にある萌えキャラ。多治見といえば,埼玉県熊谷市とならぶ高温で有名な町です(ともに40.9度を観測)。

 

 日本観測史上の最高気温は,高知県四万十市(41.0度)に抜かれてしまいましたが暑い町であることに変わりはないですね。


0コメント

11月 20 2013

遺留分

 当ホームページの「取扱分野」「遺産相続」のところにも簡単に書いてあるのですが,相続に関しては「遺留分」というものがあり,遺言書を作っておいても相続人の遺留分を奪うことはできません。

 

 遺留分は,法定相続分の半分というのが基本ですが,被相続人の直系尊属のみが相続人の場合は法定相続分の3分の1になります。また,被相続人の兄弟姉妹には遺留分は認められません。

 

 遺留分を侵害された場合は,遺留分を侵害されたことを知ってから1年以内に行使しないといけません。被相続人が死亡してから1年以内にしておくのが無難です。いつ行使したかをはっきりさせるため,内容証明郵便によって行使するのがよいでしょう。

 

 遺留分の実際の算定は,被相続人死亡時の財産に一定範囲の生前贈与を加えたものを「遺留分を計算する際に元とする財産」として遺留分を計算するなど,かなり複雑になります。

 

 個々のケースについては弁護士など専門家に相談されることをお勧めします!

 

 


0コメント

11月 14 2013

公正証書遺言

 本日は公証役場で公正証書遺言を作成してきました。

 

 遺言書の作成を希望される場合,当事務所では,紛失のおそれや無効な遺言書が作成されるおそれの少ない公正証書遺言をお勧めしております。

 

 公正証書遺言を作っておけば,原則として,遺言を残した方の希望通りに遺産の分配がなされることになります。

 

 特定の相続人や相続人以外の方(孫,子どもの配偶者など)に確実に遺産を取得させたい場合,遺言書を作成することがまず第一です。

 

 財産がどの程度あるかなどによって異なるのですが,ほとんどの場合,公証人への手数料は5万円から20万円程度です。

 

 相続争いを防ぐ手段としてもきわめて有効ですので,遺言書の作成はお勧めします!

 

 

 


0コメント

11月 07 2013

食品偽装

 ブログの更新が空いてしまってすみません。

 

 最近もホームページを見てのお問合せやご相談をいただいていますので,ブログも更新していかないといけませんね。

 

 有名ホテルや旅館での食品偽装が相次いでいますね。

 

 東海地方のホテルも例外ではないようで,中には私が今年利用したホテルでの偽装もありました。

 

 幸い私が注文したメニューではありませんでしたが,困ったものです。

 

 感覚が麻痺してしまうのかなあ?


0コメント

このページの先頭へ