愛知県弁護士会所属 弁護士 服部一将 かにえ法律事務所

お電話でのお問い合わせはこちら。0567-55-8791

メールフォームでのお問い合わせ

トップページ » 弁護士ブログ
弁護士ブログ

2013年1月

1月 30 2013

大垣城

 昨日行ってきた大垣の裁判所の隣には大垣城があります。

 多くの裁判所は行政の中心地にあるためか,お城のすぐ側にある裁判所がけっこうあります。大垣の裁判所もそんな例の1つですね。

 寒い日の夕方でしたので観光客の方は全然いませんでした。


0コメント

1月 29 2013

大垣の裁判所

 昨日は初めて大垣の裁判所に行ってきました。ちょっと古いタイプの地方の裁判所という感じですね。といっても,普段裁判所に行かない方にはピンと来ないと思いますが・・・

 

 新しい裁判所に行くのは「こんなところなんだ」という観光に近い面白さがあり,私は好きですが,これも普段裁判所に行かない方にはピンと来ないでしょうね・・・

というより,裁判所と観光なんて,普通は全然結びつかないですよね。


0コメント

1月 27 2013

久々の降雪!

 今日になってようやく体調が元に戻ってきました。先週は水曜日以降早退したり事務所にいてもぼーっとしたりしていましたが,明日からはがんばれそうです。

 しかし,1人で事務所をやるとなると何はともあれ健康第一ですね。分かっていたつもりでしたが身にしみました。

 

 昨日は愛知県西部地方でも雪が降り,私の家の近くでも雪がつもりましたが皆様のところはどうでしたでしょうか?

 

 


0コメント

1月 24 2013

ちょっと期間が空いてしまいましたが・・・

 風邪なのか何なのかよく分かりませんが,体調があんまり良くなかったこともあってブログの更新をさぼっておりました。

 風邪がはやっているようですので皆様もお気を付けください。


0コメント

1月 18 2013

104によるお問合せ

 相談にいらっしゃる方に「当事務所を何でお調べになりましたか?」とおたずねすると,「104で調べました」という方が何人もいらっしゃいます。

 104とは,みなさんご存じのNTTがやっている電話番号案内サービスですが,これで探してくださる方がいるんですね。

 みなさん,近くに弁護士がいないかなと思って探される方がほとんどです。「蟹江にあるとは思いませんでした」とおっしゃる方もいます。

 

 104で調べて来てくださる方が何人もいるということは,やはり近くの弁護士がいいなと考える方が何人もいるということですから,「蟹江で始めて良かったな」と思っています。


0コメント

1月 15 2013

「ごきげんさん」に掲載されました!

 蟹江町商工会が発行している「ごきげんさん」というちらしに当事務所が紹介されました。大変ありがたいことです。

 通常「ごきげんさん」は商工会員のみ配布ですが,今回は蟹江町全世帯(約1万5000世帯)に配布です。

 蟹江町にお住まいの方は探してみてください。

 

 これで相談者の方が来るといいなあ。


0コメント

1月 14 2013

ダイオウイカ!

 13日のNHKスペシャルでダイオウイカの番組がやっていましたが,ご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?

 生きて動いている映像は標本とは迫力が全然違いますね!

 黄金色に輝く巨体とぎょろっとした眼がとても印象的でした。


0コメント

1月 13 2013

弁護士未登録者数の多さ

 弁護士として活動するためには司法試験合格後,司法修習を1年行い,「考試(2回試験)」と呼ばれる卒業試験(厳密には違うがそのようなもの)に合格した上で,所属を希望する弁護士会に登録しなければなりません。そして,通常は司法修習1年の間に就職先の弁護士事務所を見つけるわけですが,近年司法修習修了者が急増したため,年々就職が厳しくなっています。その結果,何が起きたのでしょうか?

 

 先月司法研修所を卒業した人のうち,弁護士として活動するために必要な弁護士会への登録を行わなかった人が,全体の約4分の1にあたるおよそ540人にのぼったそうです。この数字はここ数年で急増しています。恐ろしい数字です。今月や来月に何とか就職を決めて弁護士登録をする人も出るようですが,相当数の人が苦労して司法試験に合格し司法修習も終えていつでも弁護士登録できるはずなのに,弁護士としての活動をあきらめているものと思われます。

 

 なんとも残念なことです。やはり司法試験合格者数を今の約2000人から相当数減らさなくてはならないように思います。


0コメント

1月 10 2013

驚かれること その2

 以前の勤務先につとめていたころ,依頼者の方から「先生は私の事件の外に何件くらい抱えているんですか?」と質問を受けることがありました。

 私が「30件を少し超えているくらいかな」と答えると,みなさん驚かれます。10件くらいかと思っていらっしゃった方もいました。

 

 30件もあるととんでもなく忙しいのではないかと思われるかもしれませんが,実際には1~2ヶ月何も準備する必要のない事件などもあり,何とかなるものです。

 というのも裁判の期日というのは,1回あると次回は1ヶ月~1ヶ月半後くらいであり,しかも次回までには相手方の準備が必要なだけでこちらは何もすることがない,ということがよくあります。また,相手方から控訴や上告などをされてただ何ヶ月も待っているだけということもあります。

 

 そんな訳で30件以上をこなせるのですが,現在の私の案件数は30件には全然達していません・・・


0コメント

1月 09 2013

驚かれること

 依頼者の方など弁護士業界に詳しくない方にお話しすると驚かれることの1つに,弁護士会費があります。

 弁護士は,日弁連(日本弁護士連合会)に加入するとともに,各都道府県にある単位弁護士会(北海道と東京は単位会が複数あります)にも加入しなければ弁護士として活動することができません。そして会に加入する以上,会費というものがあるわけですが,私は現在日弁連と愛知県弁護士会の会費で合計毎月4万1500円を支払っています。

 

 皆さん,この金額にびっくりされます。「1年で50万じゃないですか!」という訳です。

 でも実はこの金額,全国の中では低い方です。会員数の少ない地方ではもっと高くなっていることが多いです。

 

 では,なぜこんなに高いのか?

 理由はいろいろありますが,1つには,弁護士会が弁護士自治(官庁の監督を受けずに弁護士が自分たちで懲戒等を含めてやっている)という原則を守るため,本来なら国などで処理すべき公益活動をたくさん抱え込んでしまっているからだと思われます。

 


0コメント

Next »

このページの先頭へ