愛知県弁護士会所属 弁護士 服部一将 かにえ法律事務所

お電話でのお問い合わせはこちら。0567-55-8791

メールフォームでのお問い合わせ

トップページ » 弁護士ブログ
弁護士ブログ

珍スポット

2月 24 2016

名古屋市農業センター

 間隔が空いてしまって申し訳ありません。

 

 ありがたいことに年が明けてからご相談・ご依頼が多い状態が続いております。

 

 

 先日,名古屋市天白区にある名古屋市農業センターdelaファームに行ってきました。

 

 寒波が来ていたのに行ってきましたよ。梅の花もまだ咲いていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名古屋市農業センターには,ウシやヒツジの放牧場,さまざまな鶏がみられる展示鶏舎,ふ化の見られるふ化展示室などの畜産施設,花の展示施設,しだれ梅園などがあります。

 

 

 だいこんあしの展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウシも寒そうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウシとともにウンコも成長。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ハンバーグ」という名前のニワトリがいました。どうしてこんな名前なんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひよこを触らせてもらいました。

 

このためだけでも行く価値があると思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場料は無料で,駐車場もしだれ梅まつりの期間中以外は無料です。

 

 

 家族連れにオススメですね!


1コメント

2月 08 2016

刈宿の大仏

聚楽園大仏に続いて,西尾市にある「刈宿の大仏」に行ってきました。
 
名鉄三河線の終点,碧南駅からバスに乗って向かいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 バス停から少し歩いて到着。
 
 率直に言って,この時点で大仏に飽きてきていました・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この大仏は胎内巡りができます。
 

0コメント

1月 23 2016

聚楽園大仏

布袋大仏に行った後,聚楽園大仏を見に行きました。
 
名鉄電車を聚楽園駅で降りるとすぐ大仏が見えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 階段を上っていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 よくある仁王像もあります。
 
 お正月なのでお餅のお供えもありました。仁王像と比べると小さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   1927年(昭和2年)完成なので,比較的歴史がありますね。
 
 高さは,18.79メートルです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 大仏を見に来た方が,私の他にもいました。
 
 辺り一帯は「しあわせ村」として公園になっていまして,散歩中の方も多かったです。
 
 
 やたらほのぼのとした「大仏くよう」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 よく見ると,大仏の頭の上にはたくさんのハトがいます!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 胎内巡りはできないように閉められていました。
 

0コメント

1月 20 2016

布袋大仏

先日,江南市にある布袋大仏を見に行ってきました。
 
 
個人の方が夢のお告げを受けて作られた大仏です。
 
江南市布袋町は,やはり「布袋様押し」のようで,駅を降りてすぐから布袋様の像がいくつもありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    駅からしばらく歩いていると・・・
 
 
 
 見えました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かなりの大きさです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    高さ18メートルで,奈良の大仏より2メートル高いそうです。
 
 でも,屋外にあるので奈良の大仏より小さく感じました。
 
 顔つきも,なんとも言えない!!
 
 
 
 住居部分と一体化しているのも面白いですが,避雷針みたいなものまであります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     鐘は建物でおおわれていました。
 
 どうしてなんですかね?
 
 
 錆びてしまうからでしょうか?
 
 

 


2コメント

6月 02 2015

名和昆虫館

名和昆虫館 に行ってきました。

 

 現存する日本最古の昆虫専門博物館だそうです。

 

 岐阜城のある岐阜公園内にあります。

 

 博物館自体も,1919年(大正8年)竣工の建物ですので歴史的建造物です。

 

 入り口からして古めかしい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内部には,所狭しと昆虫の標本が置いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここから,虫の苦手な方は閲覧を控えた方がいいかもしれません。

 

 世界最大のクモとサソリ。

 

 特にクモの大きさに驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 タマムシやら世界の奇虫やら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現地で見たときにはそう見えなかったのですが,青いチョウがステンドグラスのようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岐阜公園内には,板垣退助の像がありました。

 

 板垣が刺されたのは岐阜市内らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岐阜駅前には,金ぴかの信長像もあります。

 


0コメント

5月 22 2015

五色園⑥

 五色園編のブログ用に撮影した写真がまだ大量にあるのですが,だんだん書いている方も飽きてきました・・・

 

 たけのこ取るな!!

 

 

 

 

 

 

  親鸞とは何も関係なさそうな豊臣秀吉に関する像が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンクリ像の隙間から草が生えてきてる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親鸞を襲撃しようとする山伏の一団。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも,親鸞には敵わず許しを請います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親鸞を出迎える箱根権現の関係者一同。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  若き日の親鸞が,百日間毎日はるばる通って参籠したという六角堂。

 

 階段を何段も登ってわざわざ行ったのに,鍵がかけられていて中は見えない。

 

 中にはコンクリート像があったらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 2時間ほど歩き回ったので,すっかり疲れました!

 

 名鉄バスに乗ってお帰りです。

 


0コメント

5月 21 2015

五色園⑤

 五色園編の続きです。

 

 浅野祥雲作ではないと思われる像もあります。

 

 説明が何1つなくて,詳細不明。明治時代の方か何かか?

 

 

 

 

 

 

 側には,浅野祥雲作と思われるコンクリート像がありますが,他のものより大きさが小さく,色が塗られておらず,説明文も一切ない。

 

 謎だ! 五色園を訪問された他の方のブログを見ていても,この像を取り上げている方が見当たらない。。。

 

 武士の父親が子どもを諭しているようにも見えるが,どんな場面なんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お次は,大強盗耳四郎が法然上人のありがたいお話しを聞いて改心する場面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 号泣県議のような聞き耳を立てて聞いていますね。

 

 腰に差した刀が折れてしまっているのが残念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳四郎が別の強盗に命を狙われたのに,仏の力で金色の仏様の姿になって助かったというシーン。

 

 青色の螺髪が気になります。

 

 耳四郎シリーズは車道から離れたところにあるので飛ばしてしまう訪問者も多そうですが,面白いコーナーなのでぜひ見て欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

5月 07 2015

五色園④

 五色園編がまだまだ続きます。

 

 続いて貴婦人2人が念仏の教えに感動したところ。

 

 五色園ホームページの説明をよく読んでみると,前回「説明板がなく,詳細不明」と書いたお坊さんたちの像も貴婦人2人と同一のお話しを表現したもののようです。

 

 どっちにしろ,いまいち意味が分かりにくい像ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて,「肉付きの面」。

 

 老婆が念仏信者の嫁を嫌っておどかそうとして,鬼の面をかぶったところ,お面が取れなくなり,最終的には取れたが顔の肉がお面に付いちゃったといういささかエグいお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鬼の面をかぶった老婆は,女性に見えないと思います。

 

 驚いている嫁も,「ちょっと待って」と言っているように見えますね。

 

 そうこうしているうちに,本堂に着きました。

 

 五色園を作ったお坊さんの像もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 五色園は墓地ですので,写真には撮っていませんが,お墓が多数あります。

 

 お墓の側には,親鸞が眠っている像がありました。

 

 笠をかぶせている弟子の表情がなんとも言えない。

 


0コメント

5月 04 2015

五色園③

 さらに進んでいくと,「川越の名号」です。

 

 川の向こうから親鸞聖人が文字を書いたところ,対岸の婦人の持つ紙の上に「南無阿弥陀仏」の6文字が浮かび出たというシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 見事なたけのこが生えてました!(採取は禁止です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  公園らしく遊具もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ20年くらいは休憩できない場所だったと思われるお休みどころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の坊さんの像たちについては説明板がなく,詳細不明。

 


0コメント

4月 29 2015

五色園②

 さらに車道を進んでいくと池があります。

 

 右手に像がありますね。行ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親鸞の師匠に当たる法然が,大蛇となった僧に念仏の教えを説いているところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真だとのんびりした雰囲気ですが,この辺りからハチがいるわ,耳元で虫がブンブンうるさいわで大変でした。

 

 続いて親鸞が農民に混じって田植えをする場面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 不動明王も,全然怖くないお顔です。

 

 むしろ間抜けな感じ。目んたまの位置がおかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山道を登っていくと,親鸞が越後の国に流された場面。

 

 ほかの像とかなり離れた場所にある上に地味だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気を取り直して池のそばまで戻ってきました。

 

 浅野祥雲作ではないよく分からない像もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 縁結び弁財天女。説明文はかすれちゃって読めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先ほど見てきた大蛇と法然上人の像が池の反対側に見えます。

 

 

 


0コメント

Next »

このページの先頭へ